生命科学研究と高度な機械学習技術を組み合わせた腫瘍学OncoHostがシリーズC資金として3,500万ドルを調達

2022-05-13

Startup Portfolio

イスラエルのBinyaminaに拠点を置く精密腫瘍学企業であるOncoHostは、改良型個別化がん治療の推進に注力し、シリーズC資金として3,500万ドルの資金を調達しました。このラウンドは、Alive Israel HealthTech VC、Leumi Partners、Menora Mivtachim、およびOurCrowdが主導しました。Alive社の共同創業者であり、ゼネラルマネージングパートナーのAri Shamiss教授は、最近OncoHost社の新しい取締役に任命されました。同社は今回の資金を、機械学習ベースの宿主反応プロファイリング・プラットフォームであるPROphet®を活用した進行中の多施設共同PROPHETIC試験の拡大、および精密腫瘍診断ソリューションの米国での間近の商業化支援に充当する予定です。

 

CEOのOfer Sharon博士が率いるOncoHostは、生命科学研究と高度な機械学習技術を組み合わせ、がん治療の成功のために個別化された戦略を開発しています。独自のプロテオミクス解析を活用することで、患者さん固有の治療反応を理解し、今日の臨床腫瘍学の大きな障害の一つである治療への耐性を克服することを目指しています。同社の宿主反応プロファイリング・プラットフォームであるPROphet®は、血液サンプルのプロテオーム変化を分析し、与えられたがん治療に対して患者が引き起こす生物学的プロセスのダイナミクスをモニターするものです。 

 

同社は、世界各地で臨床試験施設の追加開設を続けており、今後は、さらなるがんの適応症に研究を拡大していく予定です。PROphet®は、2022年第3四半期に米国で商業的に発売される予定です。

 

Tags: MediTechIsrael